■トレーニングセンター(講演・セミナー・出張研修会など)

【例1】

講演会「職場のメンタルヘルス対策」

飲酒問題に限らず、うつ病やストレス、家族問題などを含め、職場として欠かせない対策をレクチャーします。


プログラム ・リスクマネジメントとしてのメンタルヘルス対策 
・燃えつき防止とセルフマネジメント 
・安全配慮義務の視点から……など

対象人数15名~50名位まで

【例2】

援助職向けセミナー「依存症、インタベンションについて学ぶ」
企業内診療所、相談室など、援助職の方向けのセミナーです。従業員の飲酒問題に対応できるスキルの習得を目指します。

プログラム 
・依存症とはどういう病か 
・介入とは 
・再発防止に必要なこと……など

対象人数20名位まで


上記の例以外にも、以下のようなパターンで実施できます。


A.職場のメンタルヘルス(概論) 
B.うつ・バーンアウトへの対処(背景・兆候やプロセス・対策・職場復帰支援)
C.アルコール問題の早期発見と対処(EAPの考え方と実際) 
D.セルフケアとリラクゼーション(問題予防のために役立つこと) 
E.職場と家族 (家族問題が職場に与える影響、健康な家族と親役割、家族との連携など) 
F.管理職研修(問題のある部下への対応とメンタルヘルス対策など)


職場のメンタルヘルス対策づくり(飲酒問題、飲酒運転対策、もえつき、うつなど)職場での様々なメンタルヘルス問題に対してその対策をお手伝い致します。


また、海外研修のプログラム作成など、アメリカでのアディクションや精神医療を学びたい方に現地のネットワークと協力してプログラムを作成いたします。


詳しくはお問合せください。

©2019 by Healing and Recovery Institute